ひだまり速報
※40さんの記事は→こちらです

154 :1/2:2007/02/25(日) 16:47:46
すごいスレチかもだけど吐かせて。
>>40の髪切りクソババの件読んだら小1のときのトラウマが・・・orz 

私も泣いて嫌がったのを無理やりうちのクソババ(父方)に押さえ込まれて、
3つぐらいから伸ばしていて大事にしていた髪を
ざんばらのワカメカットに切られたことがあります。 



その髪はクソババのところへDVエネ夫の父が当時の職を放り出して同居しに帰る前、
同居していた母方の祖母が「女の子は髪を大切にしないとね」と言いながら
毎朝梳いて丁寧に編んでくれていた髪でした。

私にとっては、粗暴で横暴な言動を繰り返すDQNクソババ
(いまだに血がつながってるの事実すら認めたくない)は近寄りたくない存在で、
一向になつく気配のない孫に腹を据えかねたらしいクソババが、
母が外出していたスキに私のおさげを引っ張って床に引き倒し、
5歳の子供の背中に馬乗りになって根元からザックリとハサミを・・・。

外出から戻った母がザンパラ髪で大泣きしている私を抱いて
自分も泣きながらクソババ抗議したものの、髪が元に戻るわけもクソババが反省するわけもなく(さっぱりしたからいいじゃないかと逆に威張られた)、
母に連れられて近所の美容院に行き、なんとか見られるように切り直してもらいました。
仕事から帰った父はといえば「別に悪気があったわけじゃないだろうし、
これから暑くなるし(6月の出来事) 切っても良かったじゃないか」
と見当違いのエネ夫発言炸裂。
母と一緒に一晩泣きました。

多分、DQNクソババの脳内では、私の髪は
「孫子がなつかないのは髪を伸ばすように言っていたあっちの婆と、
今でも家族の朝食もそこそこに(母は手抜きなんかしたことないのに)
手入れしてやってる嫁のせい
→元々長いのは自分<が>気に入らないし、これから暑くなるから丁度いい、
切ってしまえ」となったのではないかと思います。 

159 :2/2:2007/02/25(日) 16:50:25
この事件以来、私は人に髪を触れられることが(美容院へ行くことすら)トラウマになってしまい、三十路をとうに超えた今でさえ、美容院へはこの出来事のトラウマのおかげで行きづらいので困っています。

>>40さんの「婆トラ刈り」、いい気味です。超超超GJです。
誰がオアイコだ。絶対許さなくていいです。

うちの母はある意味「エネミーはミー(我慢しすぎ)」だったからなあ・・・
娘さん発表会がんばれ。
そして、私のようなトラウマが残らないよう、
>>40さんはしっかり娘さんを抱きしめていてあげてください。

これだけではスレチなので、私が母の代わりにクソババにやったDQN返し。

・学生時代、私は母方の祖母宅に下宿していた。
成人式には帰ってこいとババアがあまりにもしつこく電話してきたので、
積年の恨みを晴らすつもりで
「お前が近所への見栄だけで買った着物なんか死んでも着てやらない。
私のおばあちゃんはこっち(母方)だけだから、たとえどんなに安物でも
こっちのおばあちゃんが買ってくれたのを着てこっち(母の実家)で成人式に出る」
と言い放ち、電話をガチャ切り。
それからも相手がババアだと判ると即ガチャ切り。

母は適当な理由をつけて、私の成人式に合わせてしばらく帰省。
見栄っ張りなくせにケチなババアは、私に無断でした着物の注文を
キャンセルせざるを得なくなり、狭い田舎の世界では死ぬほどの恥をかいたらしい。
私の知らないところでされた注文とかお前の世間体のことなんか知るか。

・DQNババアは積年の悪事の因果応報で脊髄にガンが入り込み、
死ぬ間際には家の中でも杖を突いて移動するようになっていた。
寝ているだけだともっと痛かったらしく、寝たりおきたりしていた
→ヨタヨタ歩いてる所を「ババア邪魔!」とババアにだけ聞こえるように言いながら
杖の先を蹴り飛ばして何度か転ばせてやった。
(背中と腰が痛いババアはしばらく起きられずに、よくその場でもがいてた)

ババアは当然可愛い息子タンの父に泣いて訴えていたようだが、
表面上は「大人しいイイ子」の私がそんなことやるとは信じてもらえなかった
→このままだと孫子(私)に殺されるかもしれないと勝手におびえて、
父の妹宅に逃げていき、そこでも性格の悪さから厄介者扱いされて病院に放り込まれ、
誰にも見取られないまま死んだ。 

161名無しさん@HOME2007/02/25(日) 16:57:48
>154
そんなにまで、心を病んだあなたに涙が出ました。

私も、母にテレビを見ている隙に、かみそりで髪をざっくりやられた経験者です。
短い髪型が好きな母と、長い髪にあこがれていた私。
切りなさいといわれても、反抗して美容院に行かない私にじれた母が、鋏ならともかく、
かみそりでテレビに夢中になっている10歳の娘の髪をそぎました。3回も。

DQ返しになるのでしょうか、子供が欲しいとは、その母を見ているとどうしても思えず、
40過ぎても小梨です。
夫は、私の気持ちを酌んで、一生子ども無しでも言いといってくれますが、苦しいです。
すれちですね、ごめんなさい。 

162名無しさん@HOME2007/02/25(日) 17:12:04
>>159
それ、トラウマじゃないよ。
トラウマの意味をちゃんと理解してね。
トラウマっていうのはね、生き死にに関わる重大な事だから、
あなたのその説明では全く違う。

「行き辛い」のは解った。でもそれ違うから、
ここで書き散らかして人の同情を買おうとするのはやめれ。 
 
164名無しさん@HOME2007/02/25(日) 17:27:17
>>162
「トラウマ【trauma ギリシア】(傷・けがの意)精神的外傷」(広辞苑より)

「精神分析において、心的外傷(しんてきがいしょう、psychological trauma)とは、
外的内的要因による衝撃的な肉体的、精神的ショックを受けた事で、
それが長い間心の傷と成ってしまう体験の事を指す。
外傷体験(traumatic experience)ともいう。」(ウィキペディア「トラウマ」より)

「トラウマは生き死にに関わる」なんて何処にも定義されてないよ。
美容院にも行きづらい程の心の傷であるなら、
>>159さんの体験はれっきとしたトラウマだと思う。 

165名無しさん@HOME2007/02/25(日) 17:27:58
>>162
トラウマとなる出来事の具体的例は以下のとおりである。
1.自然災害:地震、台風、洪水、竜巻、火山噴火など。
2.人為災害:航空機事故、鉄道事故、交通事故など。
3.家庭内での事故:家の中で大火傷をしたなど
4.児童虐待:身体的虐待、性的虐待、ネグレクト
(子供の世話を放棄したり、子供の感情を無視したりする事)、心理的虐待。
5.犯罪被害:強姦、毒物犯罪、傷害事件、誘拐、監禁など(いずれも未遂を含む)、
6.DV(ドメスティック・バイオレンス:夫婦間、恋人間における暴力)、
家庭内暴力(子から親への暴力)。
7.戦争:実際に戦った兵士、戦争に巻き込まれた民間人など
8.大切な人の突然の死:交通事故や犯罪事件、自殺によって家族を亡くされるなど。 

166名無しさん@HOME2007/02/25(日) 17:28:42
>>162
空気嫁、添削ババア。 

167名無しさん@HOME2007/02/25(日) 17:30:04
>>162
知ったかはよせ。
間違った理論で人を追い詰めて楽しいですか? 

170名無しさん@HOME2007/02/25(日) 17:38:42
>>162
自分だけの狭い認識と思い込みで人を非難して何が楽しいのか。 

172名無しさん@HOME2007/02/25(日) 17:45:32
>>162
m9(^Д^)プギャー 

171名無しさん@HOME2007/02/25(日) 17:41:53
>>154
年齢設定がワカラン
>小1のときのトラウマが・・・orz
>5歳の子供の背中に馬乗りになって根元からザックリ 

175 :154:2007/02/25(日) 17:51:31
私の書き込みのせいで荒れてしまってすみません。
年齢ですが、小1だと確かに6歳ですね。
5歳はババア宅(エネ夫父実家)に引越した当時の年齢でした。
怒りの余り書きなぐったため、見苦しいミスをしてしまい、申し訳ありませんでした。

ではこれにて名無しに戻ります。