ひだまり速報
888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 00:07:17
313 :1/3 :05/01/19 12:21:05 
自分だけでは重さに潰されてしまいそうなので吐かせてください。 
私の友人でAという人がいるのですが、彼女は幼い頃に両親が離婚して 
父親側に引き取られて育ってきた、という記憶を持ってきました。 
文章にすると長くなるので箇条書きにすると、 

引用元:【挟まれたのは】逃げられ寸前男の駆け込み寺211【アナタのせいよ】

話題の人気記事


激務で夜10時に帰宅しすぐ寝てしまう夫。姉と甥っ子が遊びに来たのにあからさまに不機嫌。私「その態度はどうなの?」夫「家でまで気を遣わないといけないのか?」


6歳の娘が泣きながら「ママが不信心だからお受験に落ちた」私「は???お受験?何のこと?」娘「だってパパとおばあちゃんが」旦那「!」私「…ああそう」


旦那に私の親がやってる病院で働いてもらっているが、恐ろしく仕事ができない。10歳も年上なのに貯金が200万しかない。あまりに能力が低すぎて不安になる


ふらりと家を出て何日も帰ってこない嫁。心配だから連絡くらいくれと何度言っても「大丈夫」と笑って聞く耳持たず。医者を勧めると「私は病気じゃない」と怒る


俺「年末年始は家でのんびりしようよ」妻「そうはいかないの!実家に顔を出さないと親戚や兄嫁に何を言われるか!」俺「何言われてもいいじゃん」妻「貴方は田舎をわかってない!」


コトメがご主人にDVされたとウチに逃げ込んでは夜中に奇声をあげる。私「子供が怯えるから実家に帰る」旦那「コトメが大変な時に。お前は鬼か!」私「鬼で結構!」


私「家族でやりたいことないの?」夫「実家に子供を連れて行きたい」私「そうじゃなくて、私と貴方と子供で」夫「俺はお前の用事について行ってるのに自由もないのか!」


お嬢様で世間知らずな妻がいまだに実家から援助をもらっている。俺「夫婦で自立すべき。パートに出ろ」妻「なぜ?いいこと尽くしなのに援助を嫌がる理由がわからない」



・Aの父と離婚した母は父家族と同居していた。 
・Aはおばあちゃんっ子だった。 
・母は他の男の元に逃げたとAは聞かされていた。 
・その後A父は再婚、弟が出来たがA父と継母はその二人の間に 
 出来た子供ばかり可愛がっていてAは寂しい思いをした。 
・数年後祖父と祖母が亡くなり、Aは居場所がなくなった。 

AにとってA母は腹立たしくもあり、憎らしい存在であったのですが 
A自身に子供が生まれて母になった事で、A母へ会いたいという 
気持ちが強く芽生えたそうなんです。 
あちらこちら探した結果、AはA母を見つける事は出来ました。 
Aは自分一人では勇気が少し足りないから、小学生から付き合いのある 
私に一緒に着て欲しいと頼んできたので、私は彼女と一緒に会いに行きました。 
ですが、A母はAに会う事を拒否したんです。 
私は、上記にあるような理由からAに会いたくないなんて冷たすぎると 
怒って理由を尋ねたのですが、その場では答えてもらえず…。 
その日はショックで落胆するAを宥めながら地元に帰りました。 

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 00:07:37
314 :2/3 :05/01/19 12:22:06 
私はA母の言動が腑に落ちないものの、Aに暫く時間を空けて 
もう一度会いにいこうと言っていたのですが、A自身、どうしても 
A母に会いたいと思い立って一人で会いに行ってしまったんです。 
そして、Aは別人のように落ち込んで帰ってきました。 
A母がAと会いたくない理由が、A自身にもあった、のだそうです。 

A母は、結婚してからA祖父祖母に散々嫌がらせや嫌味を言われ、 
そしてA父は庇ってくれる事も味方につく事もなく何もしてくれなかった。 
むしろ、「自分の親をたてろ」と非難してきた。 
子供が生まれたら何か変わるかと思っていたのに、子供が生まれても 
それは変わりはなく続き、精神的に追い込まれた。 
しかも、子供(A)は義理の母に奪われろくに抱く事すら出来ず家事を 
させられ、働かされた為体を壊したが「使えない女だ」と吐き捨てられた。 
唯一、心の支えだった子供のA・・は、義理母に甘やかされて自分の言う 
事は全く聞かず、しまいには「かあちゃんいなくてもばあちゃんいればいい。」 
怒れば「かあちゃんって鬼、大嫌い。」、怒られたAを祖母が庇えば、 
「ばあちゃんの方が優しくていい。」と言われ、育児にも自信が持てなく 
自分自身に失望した。 
旦那も子供も自分の事を見てくれない状況で、支えも何もなくて、 
何も変わらない現状に耐え切れなくなって、A母は衝動的に家を飛び出した 
けれども心の病にかかり以来ずっと病院にかかりきりになっている。(今現在も) 
A母は、Aと会うとその当時を思い出して辛くなるから会いたくない。 
この前から(最初にA母に会おうとした時)夜が恐くて眠れない。 
A母にはもう別家庭がある…だからもう、ここには来ないで欲しい 

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 00:08:00
316 :3/3 :05/01/19 12:28:37 
という事を言われたらしい。 
私はAから聞いたこの話を聞いてなんて言葉をかけていいか分からなかった。 
この話が本当なのか、「A母自身が自分の都合のいいように言っている 
のかもよ」とAに言っても、Aはずっと泣きっぱなしでした。 
一頻り、泣き通したAはぽつりと 
「幼稚園で描いた母さんの似顔絵が、全部おばあちゃんだったのが 
前から不思議だった…。幼稚園の時はまだ母さんいたのにね…。」 
と言って黙ってしまいました。 
私はAに、何と言えばいいのか分からなくてただAの側にいた。 
その日は、帰りの遅いAを心配した旦那さんがAを迎えに来てくれて、 
私は彼女を見送った。 
そから数日たった今、彼女になんて声をかけていいか未だにわからない。 
最初は、ただAの母が見つかってよかったと喜んでいたのにこんな事に 
なるだなんて思っても見なかった。 
「やっと母さんに会える!親孝行できる!」と喜んでいたAの顔が忘れられない。 
あの時、母親に会いに行ったAを止めていればこんな事にはならなかったでは 
ないかと思うと、いても立ってもいられなくなる…。 

自分の中で溜め込んでいたものを吐き出せて少し気持ちが軽くなりました。 
場違いな程の長文で失礼しました。