ひだまり速報
16: 名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 16:55:19 O
修羅場というか微妙なものだが、書いていいか?


引用元: 今までにあった最大の修羅場 £4


話題の人気記事


激務で夜10時に帰宅しすぐ寝てしまう夫。姉と甥っ子が遊びに来たのにあからさまに不機嫌。私「その態度はどうなの?」夫「家でまで気を遣わないといけないのか?」


6歳の娘が泣きながら「ママが不信心だからお受験に落ちた」私「は???お受験?何のこと?」娘「だってパパとおばあちゃんが」旦那「!」私「…ああそう」


旦那に私の親がやってる病院で働いてもらっているが、恐ろしく仕事ができない。10歳も年上なのに貯金が200万しかない。あまりに能力が低すぎて不安になる


ふらりと家を出て何日も帰ってこない嫁。心配だから連絡くらいくれと何度言っても「大丈夫」と笑って聞く耳持たず。医者を勧めると「私は病気じゃない」と怒る


俺「年末年始は家でのんびりしようよ」妻「そうはいかないの!実家に顔を出さないと親戚や兄嫁に何を言われるか!」俺「何言われてもいいじゃん」妻「貴方は田舎をわかってない!」


コトメがご主人にDVされたとウチに逃げ込んでは夜中に奇声をあげる。私「子供が怯えるから実家に帰る」旦那「コトメが大変な時に。お前は鬼か!」私「鬼で結構!」


私「家族でやりたいことないの?」夫「実家に子供を連れて行きたい」私「そうじゃなくて、私と貴方と子供で」夫「俺はお前の用事について行ってるのに自由もないのか!」


お嬢様で世間知らずな妻がいまだに実家から援助をもらっている。俺「夫婦で自立すべき。パートに出ろ」妻「なぜ?いいこと尽くしなのに援助を嫌がる理由がわからない」





17:名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 17:21:14 0
誰も書かないし書いてみたら?
その後の反応は知らないが

18:名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 17:26:31 O
>>16さん
よかったら書いて

19:16 2009/02/01(日) 17:31:01 O
スレ違いかもしれないが、長いが投下。文体等嫌いでしたらスルーお願いします。

これは5年前、結婚10年目の出来事。

当時の俺は32才で、元嫁は30才だった。
高校の後輩だった元嫁とは俺22才、元嫁20才付き合いだして4年で結婚した。
俺は高校を卒業してすぐに働きだし、社会人も5年目に入ろうという時で
元嫁は短大を卒業してすぐだった。

最初の内は二人の時間が欲しいという事で、2年は子供を作らずイチャイチャしてた。
結婚3年目に子供が産まれ幸福な時間を過ごしてた。
が、子供が3才半の時に脳に障害発覚。
他の子に比べ言葉が遅いなと思っていたら、脳が発育していないと医者に言われた。原因は不明。
通常は頭蓋骨と脳の間には隙間がないんだが、家の子は大脳と小脳のそれぞれ片方づつに隙間があったらしい。
こちらの言っている事を少しは理解できるが、余り上手くコミュニケーションがとれなかった。

20:16 2009/02/01(日) 17:34:33 O
それでも愛情たっぷりに育てた子供は大きくなり、何とか小学生になった。

もうすぐクリスマスっていう時期。
俺の仕事が休みだったので、元嫁と一緒に子供を学校に迎えに行った。
学校といっても、通学に少し馴れさせようと思い、校門ではなく少し離れた交差点までの送り迎えだった。
校門から出て来る子供。元嫁だけではなく、俺まで居る事が余程嬉しかったのか大喜びで走ってくる。
左側から来る車。止まれと叫ぶ俺の声。元嫁の悲鳴。渇いたブレーキ音とぶつかる音。全てがドラマのようにスローモーションだった。
子供が轢かれた時、不謹慎にもスローモーションがあるなら走馬灯もあるのかな?とか考えてた事を覚えてる。
変わったばかりとはいえ、歩行者用信号は青だった。それは信号待ちしてた人もちゃんと証言してくれた。

21:16 2009/02/01(日) 17:37:08 O
子供の葬儀が終わり、無事に初七日が過ぎた頃から元嫁の態度が変わってきた。
毎日ふさぎ込み、生きていくのに必要な事以外は一切しなくなった。
会話も無くなり、見た目にも窶れていくのがわかった。

そして、子供の四十九日が終わった。
その夜、元嫁が家を出る気配に気が付いていれば、今とは違った生活を送れてたんじゃないかと悔やむ。
疲れからかその夜、俺はぐっすりと寝てしまった。元嫁が深夜に出ていく気配にさえ気が付かない程。
翌朝6時頃、隣に元嫁がいない事に気が付いて、辺りをさがすが見付からず
警察に届けようか迷っている時に、警察より出頭命令の電話があった。
嫌な予感がしながらも、元嫁の捜索願を出そうと思い行くと、遺体確認をお願いされた。元嫁だった。
午前4時40分頃、新聞配達員により、木にぶら下がっているところを発見されたらしい。
遺書には、俺宛てに
『子供が障害をもって産まれたのは私のせいです。ごめんなさい。』
『子供が死んでしまったのは私のせいです。ごめんなさい。』
と、震える文字で書かれていた。

22:16 2009/02/01(日) 17:39:57 O
俺は狂った。
警官を怒鳴り、殴り掛かり、あろう事か元嫁の遺体を引きずり落とし、目を開けろと殴ったらしい。

子供だけではなく、元嫁の死が重なり、狂った俺には元嫁の葬儀の手配は出来ず、結局は俺の父母にさせてしまった。

よく覚えてないのだが、それでも葬儀(ジサツなので身内のみ)には出たらしい。励ましてくれる親戚達を睨み、罵声を浴びせていたらしいが。

それからは会社を辞め、実家に戻され、5年程引きこもりの生活をした。
引きこもり中もいろいろとあったが、家族や友人等に暖かくされ、やっと人の心を取り戻せた。

明日、元嫁の命日だ。墓参りに行ってくる。そして、明後日からはまた仕事を再開する事を話してくる。

長々と読んでいただきありがとうございました。
気持ちの整理が出来たので書かせてもらいました。

23:名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 17:48:17 0
お子さんと奥様のご冥福をお祈り申し上げます。

なんかもう、ツッコミどころ満載すぎて。
釣りであって欲しいです・・・。

24:名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 18:20:58 O
どうか少しずつ幸せになってください。
また人を好きになって、結婚してこどもを育ててください。
そうやって生きるしかないのが人間なのだから。

25:名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 18:47:29 O
頼む。。辛過ぎる。
釣りだと言ってクレ。
悲し過ぎる(´;ェ;`)ウゥ

26:名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 19:01:36 0
こればかりは、釣りだと言われても怒らないだろう。
むしろホッとするかもしれない。

32:名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 23:46:18 0
馬鹿野郎!涙が止まらないぞ
釣りであっても、その物語の男は幸せになるべきだ

35:名無しさん@HOME 2009/02/03(火) 00:00:43 O
女は、男が思っている以上に、我が子の死が辛いんだ。
ある警察官が言ってたが、電車に轢かれ、人間の原形を留めていない肉片を
母親は泣き叫びながら抱き締めたそうだ。
父親にはそれができないんだと。

41:名無しさん@HOME 2009/02/03(火) 00:56:07 0
原形を留めず死んだ我が子を抱きしめる事も、
腹を痛めた我が子を嬲り殺すことも、
どっちも女は出来るんだよ。
それ以上まぜっかえしてやるな。